プランを確認して必要なときに瑕疵保険が使えるようにしておこう

瑕疵保険はどんなときに使える?共同か戸建住宅プランかどうか確認

プランを確認して必要なときに瑕疵保険が使えるようにしておこう

メンズ

住宅を売る人も買う人も注目

現在住宅を所有しているなら将来的に売却することもあるかもしれないので、そのときにスムーズに売れるように瑕疵保険のことを知っておきましょう。売り主が倒産していたときは買い主が瑕疵保険を請求することもあるので、売り主も同様です。
プランには戸建住宅と共同住宅併用のパターンと別々のパターンがあります。

給排水管を補修する場合

住環境において大事なことはたくさんありますが、その中でも給排水管路はお風呂やキッチン、トイレに関わってくることなので重要です。
瑕疵保険で戸建てと共同併用プランの場合、給水管と給湯管、及び外壁の外にある排水管が管路・設備担保の条項で保証の対象となっているところが多いです。

除外される部分を確認

瑕疵保険がついた住宅に住んでいる場合、何が保証されて何が保証されないのかを調べておくのが重要です。排水管の場合は壁の内側にあるものは保証対象外ですが、ガス設備の場合はガス事業者が担当して管理している部分はリフォーム業者への保険請求対象とはなりません。

広告募集中